敏感肌におすすめの化粧水選び

  • 敏感肌用でおすすめのクリームは

    • 敏感肌は刺激に弱い状態です。

      普通の状態の人なら何でもないような刺激であっても、過敏に反応して様々な症状が引き起こされます。


      その症状はヒリヒリとした感覚的なものであったり、赤みなどの目に見えるものであったりしますが、どちらも肌が化粧品の刺激に負けている証拠ですので使い続けるのはリスクが高くなります。
      肌はずっと負担をかけ続けるとダメージが蓄積されてしまいますので、大きなトラブルにつながってしまうこともあります。

      敏感肌を健やかな状態へと導いてくれるクリームとしておすすめの成分はセラミドです。

      セラミドはヒアルロン酸やコラーゲンと共に保湿成分として有名になりましたが、保水性という点から見るともっとも優れていますので、乾燥しがちな敏感肌に最適です。
      細胞間脂質の中でも高い保湿力を持つセラミドは元々肌に存在する成分であり、機能によって6種類に分けられています。人が外的刺激を受けるケースとして、紫外線や細菌、摩擦、アレルギー源があります。


      これらの刺激から守ってくれるのがセラミドであり、効率良く水分を抱え込んで良い状態を維持することが可能です。実はセラミドは油分の一種なのですが、油分が含まれていた方が肌の奥深い部分にまでしっかりと浸透させることができます。水分だけの場合は肌の表面にしか届かないことも多く、本格的な保湿ケアを行えないケースがあります。

      セラミドの種類を見てみると、ヒト型セラミドや植物セラミド、疑似セラミドなどがあります。この中でおすすめは、肌中に存在する成分とよく見ているヒト型セラミドです。

      肌馴染みが良く、きちんと浸透させられるタイプです。
      植物セラミドは小麦胚芽油や米ぬかから抽出されたものであり、疑似セラミドは石油原料から合成されたものです。

      どちらもヒト型セラミドよりは安価になりますので取り入れやすいといえます。
      他にも、敏感肌用クリームとしておすすめの成分があります。

      レシチンは肌を保護する作用に優れていますので、抵抗力の弱った肌を優しく保護することができます。

      レシチンは熱によるダメージから肌を守ってくれたり、外的刺激から皮膚を守ってくれますので、毎日のケア用クリームとして取り入れると皮膚を強化して健やかに保つことができるようになりますし、続けていくうちに肌本来の抵抗力がついて自然と負けない肌になっていきます。


      保湿力がヒアルロン酸の2倍とも言われているリピジュア(R)も、敏感肌の強化に役立ちます。
      この成分の特筆すべきポイントは、洗い流した後も保湿力が持続するところです。他の成分では見られないような働きですので、保湿対策として高い効果が見込めるということで注目が集まっています。


      これらの成分を上手く活用して、刺激に対抗できるような肌を作っていくことが大切です。


      肌の弱い人は初めて使用する場合にはいきなり顔につけるとトラブルが心配ですので、腕などでパッチテストを行うようにします。

      おすすめの敏感肌クリームの分かりやすい情報はこちらです。



      ジュエルレインに有益な情報の紹介です。

      ビンゴで景品の為になる情報です。

      浄水器のランキングに関する口コミ情報を募集しています。

      http://okwave.jp/qa/q6955059.html



      http://matome.naver.jp/odai/2146603117976295001/2146621522226244403

  • 関連リンク

    • スキンケアではどのような化粧水を使うのか、乳液はどうするのかなど化粧品の種類や成分ばかり考えてしまいますが、実は健やかな肌を作りたい時には洗顔が非常に重要です。洗顔を利用してスキンケアを行う際、もっとも注意しなければならないのが洗う時の摩擦による刺激です。...

    • 敏感肌の方は、化粧品選びでも悩んでいる方も多いのではないでしょうか。また、今まで普通に使えていたものが、急に使ったらひりひりした、かゆくなった、赤くなる、炎症を起こす等、使っていて違和感が出るということもあります。...