敏感肌におすすめの化粧水選び

  • トナーは純正品とリサイクル品を使い分ける

    • トナーというと、レーザープリンターで使用されるインクのようなものです。

      インクジェットプリンターなどで使用されるインクは液体のもので、その液体の粒子を細かくして用紙に吹き付けるものですが、トナーは液体ではなく粉状のためインクという言い方をしないのです。レーザープリンターの機構としては、粉状の粒子を用紙に吹き付けて高温の熱で圧着させる印刷方式を採用しています。そのためレーザープリンターには必ず「定着ユニット」など吹き付けた粉状のトナーを定着させるための高音部の部品が必要になります。

      インクジェットプリンターにはあまり必要のない廃熱のためのスペースがレーザープリンターには必要になるのです。


      また紙詰まりのときに詰まった用紙や用紙欠片を取り出すときに「高温注意」や「やけど注意」などと書かれている部品が数多くあるのでレーザープリンターは高熱になることをご存知の方も多いでしょう。レーザープリンターで使用されるトナーにはリサイクル品が数多く出回っています。

      その多くがモノクロレーザープリンター用で、カラープリンター用のリサイクル品が少数なのには理由があります。

      この理由の一つが、レーザープリンターの機構に由来しているからです。

      カラーレーザープリンターは4色のトナー、イエロー、マゼンダ、シアン、ブラックで校正されていることが多く、この4色を混ぜ合わせて印刷をします。

      そして単純に色の粉を乗せて、熱で圧着させるレーザープリンターの印刷方式で熱による変色を防ぐために粉状のインクに特殊な加工を施していることが多いのです。
      カラーレーザープリンターの初期型はこの熱による変色を防ぐために別の消耗品が必要でした。
      それがオイルです。
      原稿の印刷を終えた用紙に薄くオイルを惹いて熱で圧着する方式が数多くありました。
      このオイルの代わりに現在は、粉状の粒子一つ一つにワックスのような別の粒子をまとわせたものが主流となっており、このワックスが熱による変色を防ぐことで定着オイルを必要としなくなったのです。

      使用されているワックスの形状や方式などはメーカー毎に違うため、カラーレーザープリンター用のリサイクル品が少ないのです。

      モノクロレーザープリンター用はワックスを必要としないため、色々なメーカーが参入し、市場を形成しているのです。
      リサイクル品にも難があります。


      一度使用している商品のためドラムなどにキズがあると、再利用できなくなるというものです。

      リサイクル品も再充填するためにドラムなど印刷に重要な部分を洗浄、点検をしますが、この点検の段階でキズなどが発見されると破棄されてしまいます。ビジネスで使用する公式な文書、請求書などレーザープリンターで印刷する場合はリサイクル品ではなく純正品を使用するようにする、レーザープリンターを複数台置いてプリンターを使い分けるなどをして純正品とリサイクル品でコストダウンを考えるようにするとストレスが少なくなるはずです。







      浄水器に関する口コミ情報を募集しています。

      浄水器の口コミの情報収集がもっと楽になります。

      http://smany.jp/7891

      http://store-tsutaya.tsite.jp/item/search_result.html?u=0_111%7C1_65%7C5_002



  • 関連リンク

    • リサイクルトナーカートリッジを取り扱っているインターネットの環境に展開されている通信販売のショップはたくさん存在します。たくさんあるが故にどこの通信販売ショップを選べば良いのか、迷ってしまうということがあります。...

    • フェイスマスクは大人女子には欠かせない存在で、気軽にドラッグストアやインターネットで購入ができます。インターネットでの購入は、お得なものだと、1枚入りの包装で100個入っているものもあり、100個入っているものは、1種類が100個入っているわけではなく、好きな効能のパックが10枚単位で10種類選べるものが多いです。...