敏感肌におすすめの化粧水選び

  • OEM生産される機能性化粧品のドクターズコスメ

    • 前置きとして、ドクターズコスメのドクターという言葉、日本で使われているドクターというと医者の意味を思い出しますが、英語圏ネイティブでのドクターという意味は博士号を取ったという称号です。



      現在流通しているドクターズコスメは、医師が開発に携わった化粧品という端的にいえばその種の化粧品を指します。



      医師が関わったという事を意味するため、過度な効能を期待し過ぎずに、慎重な消費者の目と実績を考えて購入し、使わなければいけません。



      最近の話題としては、医薬部品の安心の元で使われ続けた結果、白斑というメラニン色素の生成されるメラノサイトが破壊され、多数の被害者を出した事も稀ですが起きました。

      しかしながら、大手メーカーは自社で医師免許を持った人が開発に携わり、OEMではなく自社開発されたものまあるため、問題がおきても、賠償するだけの資金力もあるので、多少保険的な安心感もあります。



      白斑の事件から、その成分の効き目が証明されたため、改良して新たな商品が開発されています。



      医師が携わり、開発された物でも、化粧品全般としては、化粧品や医薬部外品や医薬品があり、機能や効能の有無や配合成分によって種類が分類されます。



      ドクターズコスメトいう名称があるからといってもコスメもあれば、医薬部外品もあれば、医薬品もあるわけです。
      更にはいくら効き目が良い商品を作ったからといっても、宣伝広告をしないと売れない訳ですから、メーカーにOEM生産をしてもらい、なのしれた商社が販売をするといった図式があります。



      OEM生産される商品の利点としては、商品生産のコストを下げ、有名ブランドの安心感の元で販売されるので、言わば有名ブランドが品質をある程度保証してくれている訳です。


      知らない小さな聞いたことの無いメーカーの商品が劣っているという訳ではなく、ただ流通経路が細かったり、ドラッグストアやデパートでの販売陳列棚の限られたスペースは、大手メーカーやブランドにさかれているのです。ドクターズコスメには、自社開発や、OEM開発や、海外商品の輸入販売か日本法人が輸入販売や、個人輸入するといった販売経路があります。

      それぞれに利点とリスクがあるため、十分理解した上で自分に合った危険性の無い信頼出来る商品を選んで、自分の責任で判断し購入し使用する事をおすすめします。


      日本に売っていない効果の高いドクターズコスメの口コミが広がって、個人輸入したり、海外旅行に行って商品を購入して帰って来る場合には十分に注意をする必要があります。
      大概の人気の海外化粧品は、日本の商社が目を付けて販売権利を取得して、利益を乗せて販売するのが一般的ですが、何故か日本では発売されない商品もあります。



      日本での大々的な販売がされない理由としては、臨床例が無く販売許可が降りない等といった理由がある場合や、その商品の効能や成分を参考にして研究して、特許に抵触しない範囲で開発しコストを抑えるためにOEM生産される場合もある訳です。

  • 関連リンク

    • 敏感肌の方は、化粧品選びでも悩んでいる方も多いのではないでしょうか。また、今まで普通に使えていたものが、急に使ったらひりひりした、かゆくなった、赤くなる、炎症を起こす等、使っていて違和感が出るということもあります。...

    • 前置きとして、ドクターズコスメのドクターという言葉、日本で使われているドクターというと医者の意味を思い出しますが、英語圏ネイティブでのドクターという意味は博士号を取ったという称号です。現在流通しているドクターズコスメは、医師が開発に携わった化粧品という端的にいえばその種の化粧品を指します。...